中国株&北京生活記

2004年に中国株を始め、勉強しているうちに、中国への興味が高くなり仕事を辞め2006年8月から北京に語学留学中。中国株につながる情報や現地での生活を日々綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

中国水務:プライムインベスト株88%取得へ

 中国水務(0855.HK)は8月31日、100%子会社の「China Water Investments Limited」(China Water)が、17.25%出資する投資持ち株会社「Prime Investments Holdings Limited」(Prime Investments、0721.HK)の第三者割当増資を引き受けると発表した。世界の好景気や証券市場の成長がPrime Investmentsの追い風となり、中国水務が世界の証券投資に参加する上で、Prime Investmentsは理想的なツールになると見込んでいる。

 Prime Investmentsは新株19億7575万5185株(増資後の発行済み株数の約83.33%)を割り当てる予定。ほかの株主が増資に応じなかった場合、China Waterが2億HKドルですべて引き受ける。代金は中国水務が負担し、うち4000万HKドルは自己資金、残りの1億6000万HKドルは銀行借り入れでまかなう。

 割当価格は0.101HKドルで、8月29日の終値0.75HKドルを約86.53%下回っている。

 増資の完了後、Prime Investmentsの発行済み株数は3億9551万5037株から23億7090万6222株に増加。また、新株を全数引き受けた場合、China Waterの持ち株比率は86.21%に上昇し、未保有株について公開買付(TOB)を実施する義務が生じるため、義務の免除を申請する予定という。

 Prime Investmentsの主要業務は、株式などへの投資や、投資先企業へのマネジメントサービスの提供。2006年6月本決算の純損失(監査済み)は約660万HKドル、2006年12月中間決算の純損失(未監査)は約170万HKドル。2007年7月末時点の1株あたり純資産(BPS)は0.15HKドル、純資産は約590万HKドルだった。
【出所】香港証取サイト上の公告(2007/08/31)

このニュースがどう転ぶのでしょう?しばらく見ものです!!
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。